Basic認証とは

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

Basic認証とは、ユーザー名とパスワードを入力しないとアクセス出来なくするWebページを設定する機能の事です。

basicauthentication

このアクセス出来なくしたWebページにアクセスした場合に、いわゆるログインするためのダイアログを表示します。

ユーザー名とパスワードを正しく入力するとwebページを表示できるようになり、間違った物を複数回入力したり、キャンセルを押すと
「Authorization Required

This server could not verify that you are authorized to access the document requested. Either you supplied the wrong credentials (e.g., bad password), or your browser doesn’t understand how to supply the credentials required.」
とエラーが表示され目的のWebページを表示させなくさせます。

スポンサーリンク

Basic認証の設定する方法

Basic認証を設定する方法にはサイトに「.htpasswd」と「.htaccess」をアップロードします。

これで「.htaccess」の置いてある先にアクセスしようとするとユーザー名とパスワードを求めるダイアログが表示されるようになります。

もちろん、それぞれのファイルの中身に保存しておくべき物があります。

「.htaccess」

.htaccessは以下の文を表記します。

AuthUserFile (.htpasswdへのフルパス)
AuthGroupFile /dev/null
AuthName “Please enter your ID and password”
AuthType Basic
require valid-user

※(.htpasswdへのフルパス)は.htpasswdをアップロードしてあるパスを表記します。

「.htpasswd」

.htpasswdはユーザー名とパスワードを組み合わせて変換し作成したコードを保存しておきます。

次回以降、このベーシック認証用のコードを作成するフォームを作っていきます。

まずはコード作成方法を説明します。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)