wacomのIntuos pen small(CTL-480/S0)の変更できるプロパティの種類と内容 「ラジアルメニュー」編

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

wacomのIntuos pen small(CTL-480/S0)のドライバーをインストールすると使えるようになるラジアルメニューというものがあります。

ラジアルメニューはデフォルトでは出現しないので「タブレット」か「ペン」のタブで呼び出しするよう設定しないと出現しません。
基本的に呼び出しするとカーソルのある位置を中心に放射状のメニューが展開します。
中心に閉じる為の×ボタンが配置されており円の外をクリックする事でも閉じられます。

スポンサーリンク

ラジアルメニューの使い方

ラジアルメニューはプロパティで様々なメニューの項目をカスタマイズする事が出来ます。
wacomのIntuos pen small(CTL-480/S0)の変更できるプロパティの種類と内容 「ラジアルメニュー」編

ここにはカスタムの仕方を記しておきます。
wacomのIntuos pen small(CTL-480/S0)の変更できるプロパティの種類と内容 「ラジアルメニュー」編

「マウスモード」

ペンタブレットの「座標検出モード」をマウスモードにします。

「ペンモード」

ペンタブレットの「座標検出モード」をペンモードにします。

「キーストローク」

キー入力を複数順番に行うように設定します。

「開く/起動」

指定したファイルやアプリケーションを開きます。

「メディア」

メディアを再生するアプリケーションに対して操作します。

●再生/一時停止
 再生中なら一時停止。一時停止中なら再生します。
●次のトラック
 トラックがあるなら次のトラックへ移動させます。
●前のトラック
 トラックがあるなら前のトラックへ移動させます。
●音量大
 スピーカーの音量を上げます。
 再生するアプリケーションではなくPC側の方が変更されます。
●音量小
 スピーカーの音量を下げます。
 再生するアプリケーションではなくPC側の方が変更されます。

「インターネット」

設定しているブラウザでホームページが表示されます。

「電子メール」

設定しているメールソフトが起動します。

「マッピング画面 切り替え」

タブレットの操作エリアを切り替えます。
マルチディスプレイの場合等に別のディスプレイへ切り替えたりします。

「タブレットのプロパティ」

タブレットのプロパティウインドウが閉じていれば開きます。
開いていれば閉じます。

「タスク切り替え」

「Altキー + Tabキー」を押した事になるように設定します。
押す毎に起動しているアプリケーションを順番に変更していきます。

「無効」

無効に設定した部分が表示されなくされます。
wacomのIntuos pen small(CTL-480/S0)の変更できるプロパティの種類と内容 「ラジアルメニュー」編
欠けた部分をクリックするとラジアルメニューは閉じます。



wacom Intuos Pen Sサイズ CTL-480/S0
wacom Intuos Pen Sサイズ CTL-480/S0
wacom
amazon wacom Intuos Pen Sサイズ CTL-480/S0詳細ページへ

「標準設定ボタン」

「ラジアルメニュー」の項目群を全てデフォルトの設定に戻します。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)