pythonでExcelのデータを書き込む方法

pythonはExcelの.xlsxのデータを操作する事ができます。
前回、pythonでExcelのデータを読み込む方法を紹介しましたが、今回はpythonでExcelのデータを書き込む方法を紹介します。
ただしxlrdとは別のパッケージを利用する必要があります。

pipによるパッケージのインストール

pythonによるエクセルファイルの書き込みをするにはxlwtというパッケージをpipでインストールする必要があります。

利用する方法はpipでPythonのパッケージをインストールする方法を参考にしてください。

インストールするパッケージはxlwtです。

pip install xlwt

pipのコマンドはこれになります。

xlwtを使ったエクセルデータの読み込み

#xlwtをインポートする
import xlwt

#エクセルオブジェクトの作成
xl_bk = xlwt.Workbook()

#新しいシートの作成
newsheet1=xl_bk.add_sheet('NewSheet1')
newsheet2=xl_bk.add_sheet('NewSheet2')

#セルにデータを書き込む
newsheet1.write(1,0,"データ1")
newsheet2.write(0,1,777)


#エクセルデータの保存
xl_bk.save('test2.xlsx')

.xlsxファイルを書き込むには、まずxlwtをインポートします。

インポートする方法は
import xlwt
と他の命令を使う前に宣言しておきます。

空のエクセルオブジェクトの作成方法

xl_bk = xlwt.Workbook()

エクセルオブジェクトの変数 = xlwt.Workbook()

xlwt.Workbook()で作ったエクセルオブジェクトにシート等を追加していきます。

エクセルオブジェクトに新しいシートの作成方法

newsheet1=xl_bk.add_sheet('NewSheet1')

シートオブジェクト = xl_bk.add_sheet( シートの名前 )

新しいシートを作り返値としてシートオブジェクトが得られます。
このシートオブジェクトに対してセルの情報を入力する事ができます。

セルにデータを書き込む

newsheet1.write(1,0,"データ1")

シートオブジェクト .write( 列(横) , 行(縦) , 保存させる値 )

writeで保存させる値を0から始まる数字で列と行を指定して入れます。
保存させる値は数値でも文字列でも可能です。

エクセルオブジェクトを保存する

xl_bk.save('test2.xlsx')

エクセルオブジェクト.save( ファイル名 )
最後に保存させるファイル名をxl_bk.saveに指定して保存します。

他にもExcelのデータを読み書きできるパッケージはpandas等が存在しています。
xlwtが使い難い場合は、そちらを使ってみると良いかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク