OpenOffice Calcに記入した日付から曜日を表示する関数

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

OpenOffice Calcで日付を入力したら曜日も自動で出力できます。
後から手動で入力する手間もかからず大変便利です。

例えば日付が連続した表などがあったときに一々曜日を別途入力していくとなると相当大変です。
自動で入力してくれる機能を使えば一瞬で終わることができて時間短縮にもなりますし、体にも優しいです。

スポンサーリンク

記入した日付から曜日を表示する関数の使い方

自動出力するのに使用するのは「=WEEKDAY(セル番号)」です。

ただし「=WEEKDAY(セル番号)」では曜日に対応する1~7の数字が表示されるだけで月曜日とか土曜日などと表示されません。
OpenOffice Calcに記入した日付から曜日を表示する関数



上部メニューの「書式」から「セル」を選択します。
OpenOffice Calcに記入した日付から曜日を表示する関数



出てきたウインドウのタブコントロールの「数」を選択しリストボックスのユーザー定義を選択します。
そして書式コードのエディットボックスに「aaaa」と入力すれば月曜日とか土曜日とかと表示されます。
OpenOffice Calcに記入した日付から曜日を表示する関数



また、書式コードのエディットボックスに「aaa」と入力すれば月とか土とかのように曜日部分を表示せずに1文字で表示します。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)