OpenOffice.orgでPDFファイルをエクスポートする時のオプション「セキュリティ」について

OpenOffice.orgで作成するPDFファイルには色々と細かい制御オプションが存在します。

今回は「セキュリティ」を説明します。

PDFファイル作成時の「セキュリティ」オプション

OpenOffice.orgでPDFファイルをエクスポートする時のオプション「セキュリティ」について

■「オープンパスワードの設定」

PDFを開くのに必要なパスワードを設定します。

■「権限パスワードの設定」

開いた後に印刷の精度を制限したり
変更する機能の制限をしたりできます。

■印刷

「不許可」

印刷できなくなります。

「低解像度」

150dpiの低解像度でしか印刷できなくします。

「高解像度」

高解像度で印刷できるようにします。

■変更

「不許可」

変更できなくします。

「ページの挿入、削除、および回転」

ページの挿入・削除・回転が出来るようになります。

「フォームフィールドに入力」

フォームフィールドに入力が出来るようになります。

「フォームフィールドにコメント、入力」

フォームフィールドにコメントと入力が出来るようになります。

「抽出ページ以外」

抽出ページだけ禁止状態になります。

「内容のコピーを有効にする」

コピーが出来るようになります。

「アクセシビリティツールのテキストアクセスを有効にする」

テキストにアクセシビリティツールでアクセスできるようになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク