Logicool G105は「MRキー」を使ってリアルタイムにマクロを設定可能!

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

Logicool G105には「MRキー」というワンキーで入力記録開始するキーが存在しています。
これを利用すれば態々「Logicoolゲームソフトウェア」を起動せずにマクロをGキーにマルチキーで登録する事ができます。

「Logicoolゲームソフトウェア」を使ったマルチキーでの設定についてはこちら

スポンサーリンク

設定する方法は

まず、キーボードの左上にある「MR」キーを押します。
g105_MR01
すると赤く光ります。

この状態になったら左側にある登録したいGキーを押します。
するとMRキーが点滅し出しますので、これで準備完了です。

この状態になったらキーボードのキーを押すとマルチキーモードで記録されていきます。

記録させるキーを入力し終わったら「MRキー」を押し記録を終了します。
これでマクロが登録されます。

マクロの再編集

g105_MR02
「Logicoolゲームソフトウェア」を起動するとGキーにマクロが「QuickMacro」+キー番号で登録されています。

g105_MR03
このマクロは「マルチキー」で作成されており、「イベント間の遅延を記録」無し、「GamePanelディスプレイにコマンド名を表示する」有り、「繰り返しオプション」無しといったオプション設定で登録されています。

もし不都合があれば、修正する事もできます。

LOGICOOL ゲーミングキーボード G105 LOGICOOL ゲーミングキーボード G105
ロジクール


以上、「MRキーを使ったマクロの設定方法」の説明でした。
Logicool G105 が設定可能な事の説明はこちらも参照して下さい。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)