拡張機能に入っていないGoogle Chromeのアプリや機能を削除する方法

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

通常Google Chromeに登録したアプリは拡張機能から消せますが、たまに拡張機能の一覧に無いアプリや機能もあります。
こういった物も不要になった時にアンインストールする方法が用意されています。

スポンサーリンク

このタイプのアプリは拡張機能に入らない

CHROMEウェブストアから詳細を開くと「CHROMEに追加」と「ウェブサイトを開く」と2つのボタンが表示されるタイプは「拡張機能」に入りません。
これは「CHROMEに追加」ボタンを押すとインストールされます。
google-uninstall01

インストールされた状態で、これを再度Chromeウェブストアから開くと「ウェブサイトを開く」ボタンに変化しています。
google-uninstall02
このタイプは「拡張機能」に入りません。

「拡張機能」に入るのは「+CHROMEに追加」ボタンが1つだけの物です。
google-uninstall03

こちらの場合はインストールされた状態で、これをChromeウェブストアで開くと「↑アプリを起動」ボタンへ変化します。
google-uninstall04

Chromeアプリ画面からアンインストールが出来ます

ChromeアプリはChromeウェブストアからアプリをインストールすると開かれます。
しかし、他のアプリを削除する為に、態々別のアプリをインストールするのは面倒です。
そこで別の方法で直接開きます。

Chromeアプリを直接開くには

Chromeアプリに移動するには、まずGoogleChromeを開きます。
そしてGoogleChromeのアドレスバーに「chrome://apps/」を入力します。
google-uninstall05

これでChromeアプリへ移動します。

Chromeアプリから起動やショートカットが作成できる

インストールしたアプリはここに表示されます。
ここで目的のアプリを左クリックすれば起動します。

また右クリックから展開されるメニューから「ショートカットを作成…」を右クリックすると
google-uninstall06

どこに起動ショートカットを作成するかを指定するダイアログが表示されます。
google-uninstall07

Chromeアプリからアンインストールする方法

Chromeアプリには「拡張機能」のリストに含まれないアプリも表示されます。
このアプリの中でアンインストールしたいアプリを左クリックしてメニューを出します。

このメニューから「Chromeから削除…」を選択します。
google-uninstall08

確認ダイアログが表示されます。
google-uninstall09

ここで「削除」ボタンを左クリックすればアンインストールされます。
もちろんデスクトップやスタートメニューに作ったショートカットも一緒に消えるので手間はかからないと思われます。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)