Windows10でDropBoxの「スクリーンショットを共有」した場合の振る舞いの違い

DropBoxにはPrtScnキーで作ったスクリーンショットを即座にpngファイルにしてDropBoxに保存し共有する事ができる機能があります。
前回、Windows10でスクリーンショットを撮る方法を書きましたが、この機能を使っていると挙動がちょっと違います。

そこでDropBoxでスクリーンショットを共有した場合のスクリーンショットを書いてみます。

DropBoxでスクリーンショットを共有した場合のWindows10のキーボードによるスクリーンショット


Windows10でのスクリーンショットは以下のようになっています。

PrtScn 今、写している画面全てをpngファイルにしてDropBoxに送る
Alt+PrtScn 今、アクティブになっているウインドウの部分をpngファイルにしてDropBoxに送る
Win+PrtScn 今、写している画面全てをファイルにする

※ノートパソコンキーボードではFNキーも押す必要があります。

いずれもファイルを作りますし、クリップボードは空になります。
Win+PrtScnで保存されるフォルダは「C:\Users\ユーザー名\Pictures\Screenshots」となっていて変化はありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク