64ビット版Windows10で32ビット版COMコンポーネントを利用する方法

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

WindowsのCOMコンポーネントはC等で書いたプログラムをVBS等から呼び出せるという大変便利な仕組みです。
これはDLLという拡張子のファイルで、これを登録する事で呼び出せるようになります。

このDLLファイルは32ビット版Windowsで作られた物でも64ビット版Windows10で利用できるのですが配置する場所が違い、ちょっとだけ手間がかかります。

今回は、64ビット版Windows10で32ビット版COMコンポーネントを利用する方法を記しておきます。

スポンサーリンク

64ビット版Windows10で32ビット版COMコンポーネントを登録する方法

Windowsファルダの中のSysWOW64へCOMコンポーネントをコピーなどして入れます。

コマンドプロンプトを管理者として起動します。

cd c:\Windows\SysWOW64

パスをCDコマンドでWindows\SysWOW64へ移動します。

コマンドプロンプトで

REGSVR32 ***

と入力します。
ちなみに***に目的のCOMコンポーネントのファイル名を入れます。
拡張子は無しです。


COM
エンターキーを押して、このダイアログが表示されれば登録完了です。

64ビット版Windows10で32ビット版COMコンポーネントを登録解除する方法

いらなくなった場合には登録を解除する必要もあるでしょう。
そこで登録解除する方法です。

cd c:\Windows\SysWOW64

こちらもコマンドプロンプトを管理者として起動しSysWOW64へ移動させます。

そしてコマンドプロンプトで

REGSVR32 /U ***

と入力します。
こちらも***に目的のCOMコンポーネントのファイル名を拡張子は無しで入れます。


COM
エンターキーを押して、このダイアログが表示されれば登録解除完了です。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)