DropBoxでのスクリーンショットを共有するのを辞める方法

DropBoxには「スクリーンショットを共有する」というPtrScrキーを押したら撮れるスクリーンショットを自動でpngファイルにしてDropBox内に保存する機能があります。

簡単に画像になるので便利なのですが、更新の為の通信の邪魔になったり、DropBoxの容量を圧迫したりとデメリットもあったりします。

そこでDropBoxでのスクリーンショットを共有するのを停止したり、もう一度開始する方法を書きます。

DropBoxでのスクリーンショットを共有するのを辞める方法


windowsバーの右側にあるDropBoxのアイコンをクリックします。




メニューが展開しますので、これの右上の歯車マークをクリックします。




さらにメニューが展開されるのですが、ここの「基本設定」をクリックします。




ウインドウが新しく開かれるので、ここで「インポート」を選びます。

ここのスクリーンショット項目の「Dropboxでスクリーンショットを共有」にチェックをOFFにして「適用」ボタンか「OK」ボタンを押せば共有するのを辞めます。
そのときのPtrScrキーの挙動は「Windows10でのスクリーンショットを撮る方法」といった感じになります。

DropBoxでのスクリーンショットを共有を開始させる場合は

逆にチェックをONにして「適用」ボタンか「OK」ボタンを押せば共有開始になります。
そのときのPtrScrキーの挙動は「Windows10でDropBoxの「スクリーンショットを共有」した場合の振る舞いの違い」のような感じになります。

まとめ

DropBoxの無料版「Dropbox Basic」の容量は2GBまでですから撮りまくっているとオーバーしてしまうなんて事も…。
もっとも有料版にすれば1TB以上も使えるようにできますので、有料版にしてしまうのも良いかもしれませんね。

お得にDropboxを有料版にするには「DropboxとEvernoteの有料版をより安くお得に買う方法」を参照してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク