Windows10のユーザーアカウントを削除する方法

Windows10ではユーザーアカウントの名前は簡単に変更する事ができますが、ユーザーファルダの名前は変更できません。

ユーザーファルダを変更するには一度消して、再度作成する時に目的の名前にするしかないようです。

そこでWindows10のユーザーアカウントを削除する方法を書いておきます。

ユーザーアカウント毎のデータの保存場所

消す前にデータをバックアップしておく場合は

C:\Users\ユーザーアカウント名

というフォルダにあるので別の場所へ保存しておきす。

ユーザーアカウントを削除する方法


まず、Windows10に管理者でログインしWindowsメニューを開き歯車マークを左クリックします。



設定のウインドウが開くので「アカウント」を左クリックします。


次に左側のメニューから「家族とその他のユーザー」を選びます。



すると右側に作っているユーザーのリストが現れますので、この中から削除したいアカウントを左クリックします。


すると、「削除」のボタンが現れるので、これをクリックします。



「アカウントとデータを削除しますか?」というダイアログが現れるので「アカウントとデータの削除」を左クリックします。



これで、削除が開始されますが、削除に少々時間がかかります。
削除し終わるとダイアログが閉じられます。

ユーザーアカウントのデータを戻すには

ユーザーアカウントを作った時点ではデータを戻すフォルダは存在していません。

作ったアカウントで1度ログインすればフォルダが作成されます。

そのためユーザーアカウントのデータを戻すには1度ログインしておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク