openoffice calcで表の縦と横を入れ替える

openoffice calcで表を作っていて縦と横が逆の方が作りやすかったかな?
作製はしやすかったけど縦と横が逆の方が見やすかったかな?
なんて思う事もあるかと思います。

ちょっとした表ならば、手動で入れ替えればいい話ですが大きな表となると話は違ってきます。
手入力での間違い、ケアレスミスなども考えると、中々骨が折れる作業です。

そんな時には「表の縦と横を入れ替える」機能を使うと便利です。

表の縦と横を入れ替える方法

表の縦と横を入れ替えるには
openoffice calcで表の縦と横を入れ替える
まずは表全体を選択しコピーします。

次に貼り付けたい場所を右クリックし「形式を選択して貼り付け」を選びます。
openoffice calcで表の縦と横を入れ替える

オプションの「行と列の入れ替え」をチェックし「OK」ボタンを押します。
ちなみに表の横(数字)側が行、表の縦(アルファベット)側が列と言います。
openoffice calcで表の縦と横を入れ替える

これで縦と横を入れ替わった表が貼り付けられます。
openoffice calcで表の縦と横を入れ替える

元々「表の縦と横を入れ替える」機能知っていれば作り易いように作成し
後から見易いように縦と横を入れ替える事も出来大変便利です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク