OpenOffice Calcでボタンを設置する方法

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

OpenOffice Calcにはセルにボタンを追加する事が出来ます。
このボタンはマクロを付加したり出来て便利な機能です。

デフォルトではボタン作成ツールが上部メニューに組み込まれていないので、まずはボタン作成ツールを表示させます。


スポンサーリンク

ボタンを設置する方法

OpenOffice Calcの上部メニューの「表示(V)」を展開し「ツールバー(T)」の「フォームコントロール(F)」を選択します。
openoffice_botan04

すると
openoffice_botan06
このウインドウが出ます。

このウインドウは縦横サイズを変更できます。
openoffice_botan08

そして上部メニューにも配置できます。
openoffice_botan07

さて、実際にボタンを配置するには
openoffice_botan09
この「ボタン作成」ボタンを押します。
するとボタン作成モードになります。

この状態でボタン設置したい範囲をドラック&ドラックします。
openoffice_botan01

openoffice_botan03
これでプッシュボタン形式のボタンが作成できました。

次に「ボタン作成モード」を解除の仕方ですが、もう一度「ボタン作成」ボタンを押すか「ESCキー」を 押す、です。

「ボタン作成モード」の解除後なら、設置したボタンは後から位置やサイズの変更もできます。
openoffice_botan02

最後にボタンを押せるようにする方法ですが、このデザインモードをOFFにする必要があります。
openoffice_botan05
このアイコンをクリックする事でデザインモードは切り替わります。

デザインモードがOFFになると設置したボタンのサイズや位置が固定され、クリックするとボタンが押された表示されるようになります。

次回、このボタンに機能を追加する方法を説明します。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)