terapad、編集モードのそれぞれの違い

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

TeraPadの編集モードは幾つか存在していて活用すると行番号の表示をしたりコードの入力のサポートをしてくれて、とても便利です。

スポンサーリンク

terapad、編集モードのそれぞれの違い

編集モードは

terapad、編集モードのそれぞれの違い
「標準」「HTML」「Perl」「Ruby」「INI」「BAT」
「C/C++」「Java」「VB」「HSP」「Delphi」

と11種類あります。

「標準」は行番号が表示されずコードの入力のサポートもないモードです。
ただし、行番号は設定がデフォルトの状態の場合で、オプションの「ルーラー/行番号」で表示もできます。

それ以外のモードは行番号が表示され、それぞれの言語に合わせてコメントや命令文の色が変更されます。
変更される色自体もメニューの「表示」から「オプション」を選び、「オプション」ウインドウの「色」を選ぶ事で変更できます。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)