Whois情報と公開を代行してもらうには

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。

ドメインにはWhois情報という物があります。
このWhois情報は誰でも閲覧できる情報で、登録者の氏名や住所・電話番号・メールアドレスなどが含まれています。

個人で取得した場合に個人情報保護の観点から問題になる事もあるかと思います。
そこで、ドメイン管理会社はこの情報の公開の代行サービスを行ってもいます。

ただし、全てのトップレベルドメインでこのサービスを行っていません。
例えば「.co.jp」という法人向けドメインでは公開の代行不可能であり、「.jp」では連絡先の情報のみ公開が代行されます。

新規でドメインを取得する際に目的のトップレベルドメインが対応していないかを確認しておくのが良いでしょう。

代理公開の方法はそれぞれのドメイン管理会社で違いがあり、無料でこのサービスを行っている所や有料で行っている所と様々です。

以下に各ドメイン管理会社でのWhois情報の公開代行方法をまとめてみました。

お名前.com

1ドメインあたり1年間980円(税抜)の有料サービスです。
ただし、新規取得の際に申請すると無料となるキャンペーンを実施しています。
このキャンペーンは更新時も無料になるのでWhois情報代理公開サービスを利用するなら是非申請しましょう。

お名前.comはレンタルサーバーのサービスも行っており、ドメイン取得と共用サーバーのレンタルを同時にするとサーバーの初期費用1800円が無料の0円と、月額料金が最大2ヶ月分無料と「.tokyo」「.nagoya」「.yokohama」「.okinawa」「.ryukyu」「.co.jp」「.jp」「.com」「.net」「.me」「.org」「.info」「.biz」「.asia」「.co」「.pw」「.jp.net」「in.net」「.xyz」の新規取得料金が1円のキャンペーンです。

バリュードメイン

バリュードメインでは無料サービスです。
ドメインの新規取得画面の「名義を代理公開する」項目や、ドメインの管理画面の「WHOIS情報の管理・変更」から変更できます。

ムームードメイン

ムームードメインでは無料のサービスとなっています。
新規取得時に「WHOIS公開情報」項目を「弊社の情報を代理公開する」に設定する事で代理公開してもらう事ができます。
また取得後でもコントロールパネルから「WHOIS情報変更」を選び変更する事が出来ます。

ムームードメインはレンタルサーバーのロリポップやヘテムルも提供しています。
ムームードメインとヘテムルを同時に契約するとヘテムルの初期費用が無料になるキャンペーンを2016年8月31日12時まで実施しています。

スタードメイン

スタードメインは新規取得時にデフォルトでwhois情報代理公開する設定になっています。
料金は無料でサービスされています。
whois情報を公開する場合はwhois情報項目の「登録情報変更」押しwhois情報を編集する必要があります。

スタードメインはネットオウルという会社のドメイン管理サービスです。
このネットオウルは他にもファイアバードやミニバードといったサーバーのレンタルも行っています。
スタードメインでドメインを管理するならスターサーバーというサーバーが利用出来る他、ネットオウルポイントというネットオウルのレンタルサーバーの料金の支払いを行えるポイントが貰えます。



以上、Whois情報公開代行サービスを利用する際に参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

この記事がお役に立てたならシェアしてくれると嬉しいです。


最新記事の更新情報をお届けします。
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)