Windows10のメニューからWindows PowerShellをコマンドプロンプトに戻す方法

Windows10はアップデートの際に機能を変更をする事があります。
増える分には良いのですが、減ってしまうのは、なかなか厄介です。

例えばコントロールパネルがWindowsボタンを右クリックした時に出るメニューから無くなってしまった時なども厄介でした。
もっともメニューから無くなっただけでコントロールパネル自体は無くなってはおらず別にWindows10でコントロールパネルを起動させる方法は存在していますが…


今回はアップデートによりコマンドプロンプトがメニューから無くなり、新たにWindows PowerShellという物になった場合に元に戻す方法を記します。

コマンドプロンプトとWindows PowerShellを切り替える方法

コマンドプロンプトとWindows PowerShellはどちらを表示するかを切り替える事ができるようになりました。


切り替えるにはWindowsボタンを左クリックし「」マークを左クリックし設定を開きます。


「設定」が開かれるので、ここの「個人用設定」を左クリックします。


個人用設定が開くので、ここの左側メニューの「タスクバー」を左クリックします。

すると右側のメニューにタスクバーの設定が表示されるので、この中から「[スタート]ボタンを右クリックするかWindows キー + X キーを押したときに表示されるメニューで、コマンド プロンプトをWindws PowerShellに置き換える」という文字の下のスイッチをオフにすればコマンドプロンプトが、オンにすればWindws PowerShellが表示されるようになります。

これでコマンドプロンプトに戻す事ができます。

Windowsを検索から起動する場合

変更して表示させなくした機能でも利用する事ができます。


利用するにはタスクバーのルーペのアイコン「」を左クリックして現れた「Windowsを検索」から利用する事ができます。


Windws PowerShellを利用するなら「PowerShell」と入力します。
またコマンドプロンプトを利用するなら「cmd」と入力します。

これで現れたアイコンを左クリックすれば、それぞれ起動させる事ができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク