Windows10のスクリーンキーボードでテンキーを使用する方法

Windows10はスクリーンキーボードが利用できます。

スクリーンキーボードとはマウスで操作ができる仮想的なキーボードで、マウスさえ接続していれば利用できます。

物理キーボードが故障した場合等に緊急避難的に使える便利な機能ですが、デフォルトではテンキーが無いタイプです。

やはりテンキー使いたい、なんて人向けにスクリーンキーボードでテンキーを使用する方法を記しておきます。

スクリーンキーボードでテンキーを使用する方法

スクリーンキーボードでテンキーを使用するには、まずスクリーンキーボードを表示します。

表示するにはWindows10でスクリーンキーボードを使う方法を参照。


スクリーンキーボード
スクリーンキーボードを表示したら「オプション」のキーをクリックします。


スクリーンキーボード
するとスクリーンキーボードのオプションを変更できるダイアログが表示されます。

「テンキーを有効にする」のチェックボックスをオンにして「OK」ボタンを押します。


スクリーンキーボード
これでテンキー付きのスクリーンキーボードになります。


スクリーンキーボード
Numキーを押せば数字入力に変化もします。


他にも、キーを入力した時に音を出さないようにするか選べる「クリック音を使用する」や、「ナビ表示」から「透過表示」の列を非表示にするかを選べる「画面上での移動をしやすくするようにキーを表示する」といった事も設定できます。

好みに合わせてカスタマイズしておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク