Windows10の便利な隠し機能「GodMode」を使う方法


Windows10にはGodModeという隠し機能があります。

このGodModeとは要は「キーボードの状態の確認」とか「このコンピューターの名前を変更」や「システム環境変数の編集」等々の機能を呼び出すショートカット集が入ったフォルダです。

コントロールパネルのようにWindows10の機能を設定・操作する事ができるので使えると便利かもしれません。

GodMode使う為の方法


GodModeを使うには、まずフォルダを新規作成します。


このフォルダの拡張子
.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}
に変更します。
ファイル名は必要なので適当に付けておきましょう。


これでファイル名が非表示になりGodModeが使えるフォルダになります。


このフォルダを左ダブルクリック等で開くとWindows10の様々な設定へのショートカット群が入っているのが確認できるかと思います。

ちなみにGodModeのフォルダの中にファイルなどの追加や項目の削除などは出来ません。


また、このショートカット群のショートカットをデスクトップなどに作れるので、さらに絞って必要な機能だけを纏める事もできます。

他にも、もともと中にファイルなどが入っているフォルダをGodModeにするともともと中にファイルなどは表示されなくなりGodModeの内容が表示されます。

そうした場合にのGodModeにしたフォルダを元の名前に戻せば、再度もともと中に入っていたファイルなどが見れるようになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク