液晶タブレットの比較と特徴別まとめ

液晶タブレット

PCで絵を描くなら是非とも欲しいペンタブレット。
ペンタブレットには wacomのIntuos pen small(CTL-480/S0) のような板タブレットの他に液晶タブレット、通称「液タブ」という種類の物があります。

板タブレット、通称「板タブ」は板の上でペンを動かす事でマウスのようにカーソルの移動させる事とペンの押し込み具合から筆圧感知する事ができるデバイスでしたが、液タブは板タブの機能にプラスして板の部分がモニターになっているという、より直感的に絵が描けるようになっているデバイスです。

そのため、板タブより液タブの方がデジタルイラストの初心者の方にもオススメなのですが、ちょっと価格が高いというデメリットがあります。
しかし、近年その価格も下がってきており液晶タブレットも購入し易くなってきました。

そこでオススメの液晶タブレットを比較し特徴別まとめてみました。

価格は高いが、とにかく高性能液晶タブレットなら

ワコム 液晶ペンタブレット 27型QHD液晶 Cintiq 27QHD DTK-2700/K0
ワコム

 スクリーンサイズ:27インチ
 本体サイズ(約):W770 x D465 x H54.5 mm
 解像度:2,560×1,440(QHD対応)
 最大表示色:10億7,374万
 重量:約9kg
 筆圧レベル:2048レベル

wacomのCintiqシリーズの最上位の液晶タブレット。
タブレット表面はガラス製で描きやすい仕様。
 
27型QHD液晶、QHD対応(2,560×1,440)、10億7,374万色表示の価格に見合った高性能なタイプです。ファンクションキーは着脱可能なリモコンとなっています。

価格は高いが、高性能な中型液晶タブレットなら

ワコム 液晶ペンタブレット 21.5インチ Cintiq22HD 【新型番】2015年1月モデル DTK-2200/K1
ワコム

 スクリーンサイズ:21.5インチ
 本体サイズ(約):幅650×奥行400×高さ55mm
 解像度:1920×1080
 最大表示色:1677万色
 重量:約8.5kg
 筆圧レベル:2048レベル

wacomの15年モデルの液晶タブレット。
21.5型のスクリーンサイズ、表示色が1677万色、解像度は1920×1080のフルHDです。
 
回転&チルト角度調整機構スタンドが標準で付いていて縦でも描きやすくなるよう設計されています。
また、両サイドに8個ずつ、合計16個のファンクションキーがありカスタマイズ可能です。

安くて大型の高性能な液晶タブレットなら

XP-Pen 液晶ペンタブレット フルHD 22インチ 両側8つエクスプレスキー 2048レベル筆圧 対応windows/mac Artist22E
XP – Pen

 スクリーンサイズ:22インチ
 本体サイズ(約):567 x 326 x 30 mm
 解像度:1920×1080
 最大表示色:1677万色
 重量:約5kg
 筆圧レベル:2048レベル

XP-Pen Technology CO.の大型の液晶タブレット。
22型のスクリーンサイズ、表示色は1677万色、解像度は1920×1080のフルHD画面です。
角度調整できるスタンド付きとなっています。
 
両側8個エクスプレスキーがありカスタマイズ可能です。

小型で高性能な液晶タブレットなら

ワコム 液晶ペンタブレット 13.3フルHD液晶 Cintiq 13HD 【2015年モデル】 DTK-1301/K0
ワコム

 スクリーンサイズ:13.3インチ
 本体サイズ(約):幅375×奥行248×高さ14mm
 解像度:1920×1080
 最大表示色:1677万色/256階調
 重量:1.2 Kg
 筆圧レベル:2048レベル

wacomの15年モデルの液晶タブレット。
コンパクトな13.3型の表示サイズを持つ、最大表示色が1677万色、フルHD対応の1920×1080の解像度です。
 
カスタマイズ可能な4つのファンクションキーとリングキー、ホームボタンで付きでショートカットを割り当てられるという、価格は安くても高性能・高機能に設定されています。

価格が安めで性能が良い液晶タブレットなら

HUION 19インチ液タブ ペンタブ用手袋付け プロ向け液晶ペンタブレット GT-190 WindowsとMac対応
HUION

 スクリーンサイズ:19インチ
 本体サイズ(約):49.6 x 40.4 x 13.2 cm
 解像度:1440 x 900
 最大表示色:1677万色
 重量:5 Kg
 筆圧レベル:2048レベル

深圳市絵王アニメーション技術有限公司のブランドHUION製の液晶タブレット。
スクリーンサイズが19型とやや大きめ、表示色は1677万色、解像度は1440×900です。
 
ペンは充電式で、充電後数時間の連続使用可能となっていて、価格は抑えてありますが性能もなかなか高い液タブです。

価格が安めで性能が良い液晶タブレットなら

Ugee 19インチ グラフィックス ドローイングペン タブレットモニター スクリーンプロテクターおよびPergearクリーンキット付属 (2 Pen for Windows)
Ugee

 スクリーンサイズ:19インチ
 液晶外形寸法:446mm X 295mm X 60mm
 解像度:1440×900
 最大表示色:1677万色
 筆圧レベル:2048レベル

シンセンウージー技術開発有限公司のUG-1910Bプロのグラフィックタブレット。
19型のスクリーンサイズ、表示色は1677万色、解像度は1440×900のフルHD画面です。
 
マルチアングル調節可能なスタンド付きで、ペンは充電式のペンとなっています。

とにかく安く 価格で液晶タブレットを選ぶなら

Parblo Coast10 10.1インチ グラフィックモニター お描きモニタ デジタルスクリーン コードレスとバッテリーフリーペン+2指グローブ+ポータブル高速4ポートUSB3.0ハブなどが付き
Parblo

 スクリーンサイズ:10.1インチ
 本体サイズ(約):39.8 x 32 x 9 cm
 解像度:1280 x 800
 最大表示色:1677万色
 重量:1.3 Kg
 筆圧レベル:2048レベル

Parbloの格安液晶タブレット。
スクリーンサイズは10.1型の小さめサイズ、表示色は1677万色、解像度は1280×800です。描画域は強化ガラス、ペンはバッテリー式で電池不要となっています。
 
小型で軽量、ちょっと液タブを使ってみたいけど値段で躊躇している方にお試しとしても良いかもと思えるお手軽な液タブです。

PCで絵を描くならタブレット

タブレットは液晶でも板でもPCに接続して利用します。

ただし液晶タブレットの場合は新しいモニターとしても接続されます。
ミラーリングかマルチモニタはOSの設定にて変更できますので、お好みの設定で利用しましょう。

板タブレットはペンタブレットの比較と特徴別まとめを参照ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク