Windows10が自動更新しないようにする方法

plumbing-585658
Windows10には自動でアップデートしてくれるWindows Updateという便利な機能があります。この機能はバグフィクスやセキュリィティ対策とか色々と更新してくれるわけですが、更新すると勝手に再起動してしまう場合があります。
再起動しないと更新が有効にならないのかもしれないのでしょうが、ちょっと困り者だったりしませんか?

例えばコンピューターに自動でやらせている作業とかある場合に停止・リセットされて、それまでの作業データがロストしてしまう等々…
やはり、こういった物は自分のタイミングで行えた方が都合が良い場合も多々あるわけです。

Windows 10 Proなら簡単に設定する事が出来ますが、Windows 10 Homeでは設定する方法がちょっと複雑です。
そこでWindows 10 Home向けに「自動更新を手動更新にする方法」を紹介します。



自動アップデートを停止する

「サービス」の設定

まず、「サービス」を起動する必要があります。

これには2つの方法があります。

1つめの方法は画面左下にあるウインドウズアイコンを左クリックし展開したメニューから起動する方法です。

メニューを展開させたらWの項目の「Windows 管理ツール」をさらに展開させ、その中にある「サービス」を左クリックすれば起動します。

2つめの方法としては検索ボックスに「services.msc」を入れる方法です。
windows10update01これで出てくるツールを実行します。

すると「サービス」の設定をするウインドウが表示されます。
windows10update02このリストの中にある「Windows Update」を左ダブルクリックすると「Windows Update」を設定するウインドウが新しく開きます。

windows10update03このウインドウの「スタートアップの種類」の所のコンボボックスを「手動」に設定しOKボタンを押します。


windows10update08次に「Update Orchestrator Service」という項目を左ダブルクリックします。



windows10update09「手動」となっているコンボボックスを「無効」に変更して「OK」ボタンを押します。

これで「サービス」の設定は完了です。

「タスクスケジューラ」の設定

次にタスクスケジューラの設定をします。
これも起動する方法が2つあります。
1つめの方法は画面左下にあるウインドウズアイコンを左クリックし展開したスタートメニューから起動する方法です。


windows10update11メニューの中のWの項目の「Windows 管理ツール」をさらに展開させ、その中にある「タスクスケジューラ」を左クリックすれば起動します。


windows10update10もう1つの方法は検索ボックスに「taskschd.msc」を入れて現れたアイコンを左クリックして起動です。


windows10update12タスクスケジューラが起動したら左側のフォルダ階層を「タスク スケジューラ(ローカル)」⇒「タスク スケジューラ ライブラリ」⇒「Microsoft」⇒「Windows」の順で左ダブルクリックして展開します。


windows10update14そして「Windows」の中の「UpdateOrchestrator」を左クリックすると右側に格納されているタスクスケジュールが表示されます。この中の「Maintenance Install」を右クリックしてメニューを出し「無効」を左クリックして設定を変更します。


windows10update13次に「Windows」の中にある「WindowsUpdate」を左クリックして右側に格納されているタスクスケジュールを表示させて、1つずつ右クリックしてメニューを出し「無効」を左クリックして無効にします。

まとめ

これで自動的に更新される事は無くなります。

しかし、勝手に更新しなくなったのは良いとして、更新自体をしないのは不安というものです。そこで、次は自分の都合の良い時に更新する方法を説明します。

手動アップデートをする方法1

Windows10では手動更新が非常に行いやすい位置に置かれています。

windows10update04まず、Windowsメニューの「設定」を選択します。
すると「設定」のウインドウが開かれます。

windows10update05手動アップデートをするには、このウインドウの「更新とセキュリティ」を選択。

windows10update06そして「Windows Update」をクリックします。

windows10update07最後に「更新プログラムのチェック」ボタンをクリックすれば、Windows10更新が無いかを調べ、もしあれば開始されます。
これでWindows10の手動更新は完了です。

行いやすい場所にはありますが、ちょっと手順が多いのが困りものな感じがします。

手動アップデートをする方法2

Windows7は手動アップデートするページ自体はややこしい所にありましたが、手動アップデートするページへのショートカットが作れました。

Windows10の場合はWindows7の時のようなページへのショートカットではなく、実行すると更新をチェックし更新があればアップデートするショートカットが作れます。

ちょっと複雑なので別ページでWindows10のWindows Updateを実行するショートカットの作り方を書いておきます。

他にもマイクロソフトがWindowsUpdateするツールを配付しています。
使い方は任意のタイミングでWindows10のWindows Updateを実行する「Windows10 更新アシスタント」のインストール方法で書いておきます。

インストーラーでアップデートをする方法3

Windows10は更新プログラムをインストールするインストーラーを公開しています。
ダウンロードしてインストールする方法の説明はWindows10の更新が失敗する場合にインストーラーで更新プログラムをインストールする方法に書いておきます。

注意すべき事

Windows10で新しく追加された機能「高速スタートアップ」。

これが有効になっているとシャットダウンからの起動し直しではアップデートが有効にならないようです。
つまり高速スタートアップを使いながらアップデートをするには再起動をかける必要があります。

もし、再起動しないでいたら更新データは最新でもコンピューターの方へ反映されていない状態になってしまうので注意しましょう。

ちなみに従来のWindowsのようにシャットダウントからの起動でアップデートが有効になるようにする事も出来ます。
その方法は「高速スタートアップ機能を無効化する事」です。

高速スタートアップを停止させれば従来のWindowsのようにシャットダウントからの起動でアップデートが反映されるようになります。

無効にする際は高速スタートアップを無効にする方法の記事で紹介していますのでこちらを参考ください。



しかし、この自動更新を手動更新にする方法には結構な手間が掛かります。
一時的に手軽に停止するだけの場合はWindows 10 HomeのWindows Updateを簡単に停止させる方法というのもあるので、こちらもお試しください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事



スポンサーリンク